Tuesday, October 29, 2013

3000g

娘ニコルが誕生して明日で3週間になります。

体重は何と3000gになりました!

小さく生まれて本当に心配だったけど、生まれた時以降体重が減ることは一度もなく、毎日たくさん飲んですくすく成長してくれています。
急激な成長のためか、毎日すごい唸ってますね。
一説によると一日あたりの体重の増加が著しい子ほど、激しく唸るとか。。
きっとものすごい細胞分裂が起こっていて、身体が疼くんでしょうね。
毎日真っ赤になって唸って、大きくなっています。

最近は起きている時間も結構出来てきました。
機嫌良く起きていてくれるのはいいんですが、眠れなくてグズってるときは手こずります。
一番効くのは抱っこでダンス 笑
抱っこして私が踊ると大人しくなっていつの間にか寝てますね。
元ダンサーの娘だからかなあ。。

私の方も術後3週間になるので、だいぶ身体が戻ってきてますね。
体重はもうほぼ産前と同じくらいです。
傷の痛みもおさまってきたので、骨盤ケアもできるようになりました。
ただ最近はニコルの体重増加につき、沐浴がしんどくて腰痛再発です 泣
睡眠不足と貧血は相変わらずで、毎日世界がぐるぐる回ってます 苦笑
それでも娘がグズれば目が覚めるから不思議なものです。。

Tuesday, October 22, 2013

育児な日々

とんと更新が止まってしまいましたが、
前回の記事の翌日、娘ニコルは無事に退院できました。
体重は2338gまで増えていて、小児科の先生のお墨付きで、元気に我が家に帰ってきました。

以来、すっかり育児な日々です。

恐らくニコルは静かで大人しい部類に入ると思うのですが、
まあそれでも勿論グズって抱っこしていないと駄目な時間もあるし
しかもそれが決まって明け方だったりするしで
睡眠時間はやっぱりなかなか確保できませんね。
母親なら誰もが避けては通れない道を私も行っています。

そしてここ二、三日で急に酷くなったのが貧血。。
ニコルはおっぱいちゃんで、ほぼ母乳なので、まあ私の血が足りない足りない。。
退院してからまた飲む量がぐんと増えたのもあるかなあ。
とにかく一日中頭がぐらんぐらんで、横になっていても地面がグルグル回っているような感じがします。
正直、娘が寝ている間くらい私も何もせず寝ていたいけれど、
でも、離れて暮らす夫も義母もニコルを見たがるし(見せてあげなきゃ可哀想だし)、事務的なこともやらなくちゃいけないし、自分自身のこともやらなくちゃいけないし、なかなかそういう訳にもいきません。
だけど、日に日に成長していく娘の姿に励まされ、彼女のためなら頑張れるから不思議なもの。。
そのかいあってか今日ニコルの体重を測ってみたら2800gありました!

そんなわけで私の身体はボロボロですが、苦笑、娘はスクスクと育っています。
本当に親孝行な子です。
これからも親子で助け合いながら自分なりにやっていきたいものですね。

Wednesday, October 16, 2013

帝王切開で産むということ

本日、私のみ退院しました。
まだ2200g代の小さな我が娘、ニコルは居残り入院。。
明日、小児科の先生が外来で診察してくださるので、運が良ければ退院できるかもしれません。

娘を残して退院というのはしかし、手術で身を切られるより遥かに辛いことです。
彼女の様々な表情、寝顔、時折あげる愛らしい声、泣き声、匂い、抱っこの感触、伝わる体温などが常に離れず、たまらなく切なくなります。

本当に今、心から明日退院できることを祈っています。

あまりにもいたたまれないので、少しでもそこから気を紛らわそうと、この度の自身の帝王切開での出産談を書いてみようかなと思います。

妊娠中にも書いていましたが、私自身、逆子はずっと直るものだと思っていたし、経膣分娩を当たり前のようにずっと考えてきたので、本当に苦しかったときがありました。

陣痛に耐えて耐えて、いきんでいきんで、赤ちゃんが骨盤を通って、膣を通って、はい頭が出ましたよーもう少し、、はい、生まれましたよーおめでとうございます。。みたいなものが「出産」であると、勝手にずっと長い間思ってきました。

だから、8月に初めて「逆子」と言われてそこからずーっとそのままで、経膣分娩ができない可能性がどんどん高くなっていくその期間は、本当にもうノイローゼみたいに苛立ち、泣き、どうしようもない焦燥感にかられていました。
狂ったように逆子体操をしていたし、ネットでの体験談を読み漁り、色々なことを試してみたりもしました。
それでもどうしようもない現実に自暴自棄になり、毎日癇癪を起こして、一日の大半を泣いて過ごしたことも少なくありません。

本当に辛かった。
どうしても割り切れなかった。

そんな時に、夫が来日。
彼の顔を見て、ようやく気が緩んだのが妊娠35週目のことでした。
気分が少し前向きになり、投げやりな気持ちも薄れたことで、持ち前の行動力を少し取り戻して、近所で評判の女性鍼灸師の先生の元へ足を運んでみることに。。

それが、運命としか言いようのない出逢いでした。

42歳で不妊治療を乗り越えて高齢出産したという先生は帝王切開出産の経験者。
自身の経験を惜しむことなく私に話してくれました。
不思議な魅力のある人で、ストレートに自身の言葉を相手に届ける話し方ができる人。。
そのおかげで帝王切開って悪くないかもなーと思うことが出来始め。。更に、
「赤ちゃんがよっぽどその位置が好きなのね。居心地いいのよ。」
と言う彼女の言葉を聞き、私はハッとしました。
そうか、逆子って「直す」ものじゃないんだなって。
だって、悪いことでも不正解でも何でもないんですもんね。
こちらの都合で頭を下にしてもらいたいだけであって、お腹の我が子には全く関係ないことなんですよね。

この先生と出逢えたおかげで私は帝王切開で出産しよう、という覚悟ができました。
我ながら人との巡り合わせに恵まれている女ですw

そして実際に帝王切開で出産してみて良かったと思っています。
手術前に尿道カテーテルを入れるとき、麻酔を注射するとき、そして術後麻酔が切れてからと、以降の三日間は本っっっっっ当ーーーーーーーーに辛いです。
中でも術後二日の子宮の収縮痛+傷の痛みのダブルパンチはもうほんっと死にたくなるくらい痛いです。

だけどそれを乗り越えたら回復は早かったですね。
悪露はほとんど手術中に吸い取ってもらえるので、術後三日目くらいからほとんど出なくて、生理用のナプキンで十分でした。
腕の良い先生のおかげで傷も思ったより全然キレイだし。。
普通に座れるし、骨盤の緩みも経膣分娩のお母さんよりはマシなんだろうと思います。
個人差あると思いますが、私の場合は母乳もドバドバですw なので帝王切開だから出ないっていうことはないと思います。
いつ陣痛がくるんだろう、と待つのも楽しみかもしれませんが、いつ出産開始なのか&いつ終わるのか先が見えているというのは色んな意味で準備万端でいられるのでそれも良いかと思います。

あとはもう赤ちゃんがとにかく安全に出てこられるのが何よりですね。
そうそう、膣を通らないから始めから頭の形も良いですよ

というわけで、、
終わってみれば今回初産でしたが、私としては本当に満足な出産でした。
帝王切開で良かったなと心から思っています。
おかげで娘も私も健康ですから。。

もしも帝王切開での出産に戸惑いや悩みがある妊婦さんがこのブログを読んでいたら…
大丈夫ですよ!
赤ちゃんが生まれた瞬間すべて吹っ飛ぶし、痛みも乗り越えられます!
こんな私でもできたので、自信を持って臨んでください。






Monday, October 14, 2013

母子同室スタート

昨日から母子同室がようやくスタートしました。
帝王切開だったし、術後も何も変化なしだったので、母乳が出るのか心配だったし、
最初から哺乳瓶で授乳されてきたニコルが果たして乳首を受け入れてくれるか心配だったのですが。。
何と一昨日の夜からおっぱいがガッチガチに張り、母乳が溢れてきてしまうほどに!
看護師さんたちに初産婦さんとは思えないねーと感心されるほど。
で、ニコルに与えてみると何の違和感もなくパクっと乳首を口に含み、ちゅっちゅちゅっちゅ飲んでるー!!
量がわからないから、搾乳して哺乳瓶でも与えてみたのですが、どうやら彼女はえらくおっぱいが気に入ったらしく、哺乳瓶の授乳と明らかにテンションが違う。。
哺乳瓶を口に持って行っても、おっぱいを探して横を向くんです。
どれくらい飲んでるのかはわからないけど、授乳の後は張りも割と収まって楽になるので、結構飲んでるんじゃないか、と。。
オムツ交換や着替えは最初はやっぱりバタバタしちゃって、ニコルもピーピー泣いちゃって、あああー不慣れでごめん、、って感じでしたが、一晩やってだいぶ要領をつかんだかな、と思います。
今日はもっと上手くやるぞー。
切開部の傷が痛んで、夜は熱も出るし、私に出来るか不安だったのですが、初日を無事にこなせてほっとしています。
深夜3時くらいからグズって泣いて1時間半くらい?抱っこしてないとダメだったけど、それを除いてはずーっと寝てるし、何事にも動じないし、本当に孝行娘です。私がゆっくりお母さんとして成長していけるように協力してくれてるんだなーと勝手に思っています。
これからもニコルとは助け合いながら共に成長していきたいものです。
今日は術後初めて傷を覆っていたテープを剥がしてもらい、シャワーの許可が出ました!
嬉しい~
午後の面会時間にグランマズが来たらニコルを任せて入ってこようと思います!

Friday, October 11, 2013

無事生まれました!

10月9日、お昼に帝王切開で2225gの女の子を出産しました。
やっぱり小さかったけど、生まれた時にすぐ元気な産声をあげてくれてその瞬間本当にホッとして涙が出てしまいました。
その日は保育器に入っていましたが、翌日小児科の先生に診てもらったところ問題点なし、ということで昨日の午後外に出られました。
まだ、私も動けない状態でしたが、部屋に連れて来てもらって、一緒に過ごせてとても幸せでした。

個人的なメールにはちゃんと顔の見える写真を添付してるので、受け取った方はわかると思います。ふふふ。
私自身は術後の麻酔が切れてからそれに次ぐ麻酔の効きが悪く、ずっと酷い産後の陣痛でこの2日はかなり苦しみましたが、昨深夜から良くなってきて今朝は尿道カテーテルを外してもらい、自力でトイレに行き、朝ごはんの流動食もいただけました。
まだ部屋の中だけですが、ちゃんと歩けています。
体調をしっかり戻してちゃんとお世話できるように頑張ります。
抱っこするぞー
おっぱいも出すぞー
そして娘の名前。
もうずっと前から決めていた名前は
Nicole(ニコール)=和織(ニコル)
です。。
英語でも日本語でも通じる名前が良くて考えた名前です。
私が「和」という字をどうしても使いたくて「和やか(にこやか)」の読み方からニコールという名前自体はすぐ決まったものの、「ル」の漢字で良いものがなくてかなり迷いました。
で、うちの母が「ニコ(オ)ル」になるけど「織」は?と提案してくれて、この字に落ち着きました。
今日も後で娘と会えるのが楽しみです!
明日には点滴も外れるだろうからお世話開始かな。。
妊娠中、サポートしてくれた皆様本当にありがとうございました。
お陰さまで無事出産できました。
今後も宜しくお願い致します。

Wednesday, October 9, 2013

これから赤ちゃん産んできます

昨日の検診。
娘の推定体重が3週間もの間ほぼ増えてないこと。
もしかしたらずっと逆子なのも踏まえて考えると、
へその緒が絡まってぎゅっとなって栄養が十分届いていない可能性がある。

と言われ

更に
来週の水曜で予定帝王切開のスケジュールを組まれました。

もうね、本当にへこみましたよ。

割りきれない気持ちを抱えたまま眠りに落ちたその深夜。

お腹が
痛い

ちょうど娘の頭付近の胃のあたり。
ただの胃痛かと思ったらどんどん酷くなり、気がつくと汗まみれ。
一応トイレで確認したけど出血や破水もなし。
で、ナースコールして、陣痛室でNST
「これたぶん陣痛ですね」

…ええっ( ; ゜Д゜)

言質はとったと言わんばかりに何と陣痛を起こした娘。
泣き虫マミーを慰めようとしたのか。
痛み止めを点滴に入れてもらい、朝には生理痛程度になったものの、医院長の内診の結果

「来週まで待つと何が起こるかわからないので、今日これからやっちゃいましょう」

…はい。…はい、お願いします。
ってことで今手術の準備中です。

いや、まさか予定帝王切開なのに、陣痛を経験することになるとは。。
胃痛だと思ったらそれがどんどん下に下がってきてね、貴重な経験でした。
と言っても障りだけだけど。。

さて、確か先週、「何が何でも10月9日に産む!」と豪語した私、本当に本日マミーになります。
娘の体重がちょっと心配だけど、めっちゃ元気に動いてるからきっと大丈夫。
何て孝行娘なんだ。。
ちゃんと大きく育ててあげるから、安心して出されてちょー

身体にメスを入れるのは生まれて初めてのことですか、
楽しみ半分、恐怖半分。。
だけど娘にようやく会えるよ。
だから頑張ります!

しかし昨晩からの絶食絶飲きついな。。

では、マミーになりに行ってきます!

Friday, October 4, 2013

妊娠36週目、絶賛入院中

入院生活も3日目。

何だかんだ、思っていたよりも一日が早く終わる気がします。
午前中は朝食、検診、シャワー等々であっという間に過ぎて昼食タイムになるし、その後面会時間には蓮くんも来てくれるし。母も来てくれるし。
同室の妊婦さんたちを見ていて気がつくのですが、皆さん里帰りしていないから実のお母さんは来られないし、旦那さんも平日は働いているから来られないんですよね。
私はとてもラッキーです。

一番長く感じるのは夜眠りに落ちるまでです。
娘が荒ぶるのと、運動ができないから身体が疲れていないのと、あとまあ出産前で無意識に緊張してるのもあると思います。

眠れるのは深夜1時くらいなのですが、それまでに個室の産婦さんの新生児の泣き声がうっすら聞こえてきます。
昨晩は、とある赤ちゃんがものすごい勢いで30分置きくらいにけたたましい泣き声をあげていて。
たまたま寝つけずお水をもらいに起きたら、その子のお母さんが同じくウォーターサーバーでミルクを作りに起きて来てて。
すまなさそうに私に頭を下げて部屋に戻っていきました。

赤ちゃんからしたら、何をせずとも心地好い水の中に浮いて、お腹が減ることも、排泄して気持ち悪いことも、暑いことも寒いこともなかったのに、突然それがなんじゃこりゃーって世界に飛び出てくるわけですから、本当慣れなくて当たり前ですよね。
何だか既にお疲れぎみの新米お母さん、赤ちゃんの泣き声なんかこっちは全く気にしてませんよー。頑張りましょう、と思いつつ…いやいや自分ももうすぐこのお腹から出すんですけどね、エイリアン。。苦笑
周りに新生児がいると本当にリアルだわ。。

夜泣きとか、ビザや国籍のこととか、メルボルンへの引っ越しやら、その後の育児やら、考えればきりがないほど不安なことはありますが、それでもついに私の中から目の前に現れるのかと思うと、楽しみな気持ちも大きくて、精神的には落ち着いていると思います。

どんな顔してるのかなあー

Wednesday, October 2, 2013

入院しました

入院しましたー。
暇人だあ。。
今まで以上にやることないですね。

娘が小さく且つ逆子のための管理入院なので、臨月だけど母子共にめちゃ元気。
点滴打ちながらほとんど動けない妊婦さんもいるのに、私なんかただの「食っちゃ寝」で申し訳ない。。
まあ、産後は目まぐるしく寝る暇もないほど忙しくなるし、
その直前の最後のぐーたら休暇だと思って。
こんな時間を貰えて幸せなんじゃないかと。

一週間で果たして体重どこまで増えるかなー。
ここ最近は私の体重が増えてない=娘が育っていない、ということが続いていて
ああ、もっと食べなきゃ
という人生初の「太らなきゃ」観念にとらわれています。
結構食べてるのに体重計に乗るとマイナス100gとか、、で健診で先生に「赤ちゃん、大きくなってないねえ」と言われてしまう繰り返し。

自分が妊娠する前は、妊娠後期って体重管理が大変で、激太りしては産科医に叱られる妊婦の図、、みたいなイメージがあったけど、そうとは限らないんですね。
妊娠も出産も本当に十人十色。。
まさか自分がこんな苦労をすることになるとは思ってもみませんでした。

という訳でまだ入院して3時間程ですが、既に私の冷蔵庫には蓮くんが買ってきてくれたケーキやらサンドイッチやら豪華な顔ぶれがズラリです。
さあ娘よ、大きくなっておくれ!

Tuesday, October 1, 2013

出産予定日一ヶ月前

今日は蓮くん同伴で検診に行ってきました。
逆子はやはり直らず。。いや、もう誰より感覚でわかっていたんですけど。。

実は蓮くんが来日してふと気が向いて、一昨日と昨日お灸に行ってみたのです。
自分的な直感だけど、この子はもう回らんなとわかっていて、まあでもできることはやってみようかという気持ちで。
うちのすぐご近所に女性鍼灸師さんが自宅開業していて、何やらとても評判が良いと。。
不妊治療を経て高齢出産されたという経験を持つその先生との出逢いが、私の気持ちを大きく変えてくれました。
自身の帝王切開談や、他の患者さんの前例など、お灸をして頂きつつリラックスムードでお話してもらい…

帝王切開でも経膣分娩でももうどっちでもいいじゃん

と思うことができました。
何をそんなに自分の中で自分を追い詰め、痛めつけていたんだろうと拍子抜けするほど、それは簡単なことでした。
出産という人生一大イベントを前に彼女と出逢えた私の何と強運なことよ。。

もうとにかく危ない目に合うことなく、健康に安全に生まれてくれればそれでいいよと思えたのも先生のおかげ。。
気持ちをしっかり切り替えることができました。

そんなこんなで、今日検診に行き、院長先生に伝えました。
もう待たなくていいです、と。。待ったせいで万が一の事態に陥るよりも安全最優先でお願いします、と。。
予定帝王切開を自らの意思で選びました。今娘は2200gと小さめなので、明日から入院して手術は来週の水曜日にするのが目標、という予定を立てました。
予定は未定ですが、今のところ自分の中では何が何でも来週の水曜日、10月9日に出産するつもりでいます。

何せ蓮くんがまだ日本にいるのですから。。
ダディとマミー揃って娘を迎えられるのですから。。

そんなわけで本来の予定日の一ヶ月前ではありますが、新予定日の一週間と一日前となりました。
今の私にできることといえば、食べるべし!
いや、本当、胃が娘の頭に押されてウウって感じですけど、頑張ります。。

って言ってて明日逆子直ったらもうマジ娘将来大物だな、って感じですけどねw