Thursday, March 28, 2013

妊娠10週目、血液検査。。

今日は血液検査のため、血液採取に行ってきました。

体重計ろうって急に言われて焦ったけど、笑、太ったと思っていたのは間違いで逆に痩せていました。しかも服(アウター、ストール込み)と靴を身につけたまま体重計に乗ったにも関わらず。。
やっぱり7週目にほとんど食べられなかったからかなあ…
全体的に食べられる量も減ったしね

ついでに12週目の超音波検査の予約もしてもらいました。
4月16日…ついに!初めてお腹の赤ちゃんを観ることができます!!

と言っても、この血液検査と超音波検査はセットになっていて、主に赤ちゃんのダウン症の有無を確認するもの。。
全ての検査結果が出揃うのは4月の末頃だろうと言われました。
どうか、どうか無事に健康に何の問題もなく育ってくれていますようにと今は祈ることしかできませんが。。

先日の記事でオーストラリアでは妊娠中の超音波検査は2回プラス必要に応じて、と書きましたが、その超音波検査をするのにもまた日本と異なり一手間必要なのです。。
というのも、オーストラリアでは初めから直接専門医にかかることができないからです。
まず初めにクリニックへ行ってそこで診てもらい、必要があればそこのドクターに専門医へ一筆書いてもらって、それから病院へ。。という流れになっています
なので私も今のところクリニックにしか行っていません。

ということなので今回クリニックの先生に書類を用意してもらい、産科の病院に超音波検査の予約を入れてもらった次第です。

さて

さて

というわけで無事血液採取を終えて帰宅しました。
これから旅行の準備をします。
そうです!明日からイースターブレイク☆私と蓮くんは3泊4日でゴールドコーストです!!
先日の記事のせいでご心配をおかけしましたが、無事こうして婚前旅行に出かけられます。。
赤ちゃんが生まれてくる前の二人きりの旅。。
(ちなみに新婚旅行は日本になる予定…いや、帰国するだけなんですけど。。)
私の意識の中ですっかり自分たちを「パパ・ママ」にしてしまっていたことを反省して、「恋人同士」として楽しんできたいと思います

メルボルンに来た当初、乗継で7時間ほど空港で足止めくったゴールドコースト。。苦笑
今回は思いっきり観光できる!!のか??
疲れが出ないようにだけ注意して…あとイースターですべてのお店が閉まらないことを祈って 爆

メルボルン戻ったら旅行記アップします☆
とりあえず3a.m.くらいに家出なきゃいかんから早めに準備しなきゃー3

Saturday, March 23, 2013

妊娠9週目に入りました

マリッジブルーとマタニティーブルーが両方いっぺんにきたようで精神的につらい日々が続いている今日この頃です

とにもかくにも鬱々としていて、なかなか気分が晴れない。。
その上身体も自分のものとは思えないほどコントロールが効かず、重くて気持ち悪くてとても怠い。。

毎日思うことは、ただただ日本に帰りたい
もうここにはいたくない

ほっと一息つける場所も時間も今の私にはありません

たまには誰か誘って気分転換に出かけようかと思っても、もし体調が悪くなったら迷惑かけてしまうからと結局出来ず仕舞い
付き合いが長くて気を使わずに何でも話せる親しい友人がそばにいないというのは本当にこたえます

また、家族にもやっぱりそばにいてもらいたいなあとひしひしと感じています
こんな時くらい電話してメソメソ泣きながら愚痴をこぼしてもいいんじゃないかと思うし、実際うちの両親もそれを受け入れてくれるとは思うのですが、私にはやっぱりそれが出来ない
年老いた身体の弱い両親を心配させるくらいなら独りで痛みに耐えるべき。。

ここは完全に私にとって「外国」です
ニューヨークのように、「第二の故郷」というような感覚は全くありません
また、ニューヨークのように…ブロードウェイのように、日常の時間を完全に忘れさせてくれるような夢の世界もここにはありません
魂が震えるような感動を味わえるショーが観られない、というのも大きなストレスになっていると思います

この頃は泣くことも増えてしまって、そのせいで蓮くんともあまり上手くいっていません
わかってもらいたいのに全くわかってもらえない
自分の精神状態を上手く伝えることができないし、時には何も話したくなかったり、一緒にいたくないこともあるし…
彼の言動に苛々が募って爆発して…少し小康状態が続いて…の繰り返しです。

そんな悪循環の中で、よせばいいのに諦めた夢や目標のことを考えてしまうんですよね…orz
もう一度ニューヨークとファリダバドに戻りたかったし、大学院で勉強も続けたかった。まだまだ行きたい国がたくさんあったし、世界の遺跡を巡って人類の軌跡を辿りたかった。

それらを諦めた代わりに自分が手に入れたものの価値が私にはまだわかっていないんだと思います。失ったものは大きいけど、得たものも大きい、と実感できればこの負の連鎖からきっと抜け出せるんじゃないかと思います

昨晩、そんな状態で繋がった大親友のジヨンとのチャットは本当に一筋の光のようでした。あんなに胸がスッとするなんて、、すごく久しぶりでした
彼女がとってもとっても喜んでくれて、ああ本当にこんな友達を持てて私は幸せだな、って。。
自分のことを幸せ者だと思えればきっと大丈夫。。
彼女がそう思わせてくれたおかげで、何だか気分が少し前向きになったと思います

今日の記事は長い長い愚痴になってしまってコアな読者の皆様には本当に申し訳ないです
でも、良いことばかりを書き残して見栄を張るためのブログではないので…ご容赦くださいm(__)m

これから少しでもストレスや鬱を軽減できるように、なるべく楽しいことを見つけて努力していこうと思います
赤ちゃんのためにも、ママしっかりしなきゃね
9週目も絶対無事に乗り切ります!


Tuesday, March 19, 2013

夫は寝言もトリリンガル

真夜中、意識が夢と現実の間にあったとき、隣に寝ていた蓮くんが突然
「F**K!」
とFワードを口走ったのです。。
それまでなら普通の寝言なんですが、その直後に今度は中国語で一言二言ボソボソ。。
…何言ってんのかわからん。。
すると突然
「じゃ、それやっちゃおうか」
と日本語で締めくくり、また静かに寝息を立て始める彼。。

いやね、本当にあっけにとられました 笑
今までも寝言は聞いたことあったんですが、大抵はどれか一言語のみ。。
それが見事にこの度トリリンガルぶりを発揮してくれまして。。

蓮くんのすごいところは、英語・中国語・日本語、会話のみにとどまらず、三言語とも読み書きもできる、という点です
日本語はまあ怪しいところもあって、濁点とか微妙だったりするけど、それでも去年受験した日本語検定一級も見事合格。。

やっぱりそうなってくると、子育てを何語でするか考えてしまいます 苦笑
親の期待通りにはいかない、とはわかっているけど、それでも恵まれた環境にいることは確かだし。。
こっちで子育てをしてる先輩ママのしのさんやめぐみさんは
「英語は放っておいても覚えるから、家では日本語で会話してる」
と言っていて、その通りなんだろうと思いますが…

できればオージー訛りの英語を自分の子供に話してほしくない!!爆

いや、オーストラリアに住んでるのにアメリカ英語を話せるようになるとは思わないけど、でもでも…泣

しかし可能性はあります。。
子供はどうしたって母親と一緒にいる時間が長いから、私の話す言葉をメインに覚える、、はず。。
…でも蓮くんの中国語訛りの日本語がうつったらちょっと面白いな
「ママ、コレ食ベルカ」
とか
「ワタシ、ジュース飲ミマスデショー」
とか言ったら可愛いだろうなあ~ 、、まあ子供のうちだけだろうけどねー(大人になってそれはマズい)。。

そんなわけで
パパが立派なトリリンガルだけについ要らぬ期待をしてしまうのですが、基本的には好きな言葉を話して好きな場所で好きなことを見つけて生きてもらいたいなあと思います
他人に迷惑をかけず、礼儀正しく、感謝の心を忘れずに。。

まずは何より!!
無事に生まれてきておくれー(>_<)

Sunday, March 17, 2013

妊娠8週目に入りました

妊娠3ヶ月、、いよいよ今週から赤ちゃんが「胎児」と呼ばれる段階です。。
7週目は本当につわりがキツくてキツくて大変でしたが、8週目に入って身体が妊娠に慣れてきたのか幾分楽になった気がします
食べられるものもわかってきたし、そのおかげか食欲も戻りつつあります

最近は胸が急激に成長中。。
日本から持ってきたユニクロのブラカップつきワンピが着られなくなりました
朝は大抵はち切れんばかりに張ってて、痛みと共に目が覚めます
一体どこまで大きくなるのか…
あと、何だか少し毛深くなった気がします
おかげでムダ毛処理が大変面倒です。。
それからオリモノの量が激増しました
あまりに多いのでライナーでもひこうかと思う程です。。

検診がないので赤ちゃんが順調なのかどうかわからず不安になることもありますが、
耐えられないほどの痛みもないし、
出血もないし、
母体も至って健康なのでま、大丈夫でしょ、と思うことにしています
オーストラリアでは超音波検査は妊娠期間中基本2回➕必要に応じて、というのが普通らしくて、私もクリニックで12週目と18週目に一回ずつの予定しか出されていません
そんなもんなのかなあ、とも思うけど、やっぱりその都度お腹の赤ちゃんが成長していく様子を確認できる点では日本の方がいいかなあと思います
早く赤ちゃん見たいですもん。。

予定では7月に日本に里帰りします
なので実家の近所で里帰り出産を受け入れてくれるところを探さなくては。。

今は日本に帰るのがすごく待ち遠しいです
慣れ親しんだ食べ物を食べて、気の許せる仲間や友達と会ったり、親元でリラックスして落ち着いて過ごしたいです。。
何も心配したり憂たりしなくていい母国の存在を、妊娠してからとても偉大に感じるようになりました
ちょっと、っていうか結構このところ精神的に不安定かも、私。。
いろんなことをいちいちストレスに感じてしまうというか…orz

そんなこんなですが、妊娠8週目、、無事に乗り切りたいと思います!!



Thursday, March 7, 2013

妊娠7週目に入りました

メルボルンはそろそろ秋の気配を感じてもいいはずなのですが、なぜかずっと30℃代が続いていて、もう暑いのはノーサンキューな今日この頃です。。

さて私は本日妊娠7週目に入りました
妊娠2か月の最終週。。

3日前くらいからつわりが悪化 してあまり食べられなくなっています

今までの比じゃないくらいの慢性的な酷いムカムカ感、そして吐き気も頻繁に感じ、「おえっ」となることもしばしば。。
いろんな匂いがいちいち鼻につくし、料理も満足にできません
体力も落ちてきて横になることも多いです
つわりってこんな感じなんだなあ、って今更ながら実感しています
とても辛いorz

お仕事も勤務時間を減らしてもらっています
それでも今週結構キツくて来週働けるかどうか…ママ、頑張らなきゃいかんのですが。。

つわりが酷いときには食べられるものを食べられる時に食べるだけでもいいと聞いたので、自分なりに色々と試しています
トマト、みかん、マスカットが今のところのお気に入り。。フルーツは全般イケます☆
あといつでもつまめるようにとさっきナスと白菜の浅漬け作りました
意外なことにフライドポテトもなぜかいける。。油物なのに…なぜ??
それから、たこ焼き食べたい…とずっと思っているのでたぶんたこ焼きもガツガツいけると思います。。冷凍のヤツ買ってみようかな。。

 いずれにせよこうして自分の身体に変化があると、きっとお腹の赤ちゃんが元気に育っているんだと思えるので…何もなかったらかえって不安になるかもしれないですね
超音波検査が待ち遠しいです

ちなみに明日は蓮くんと出逢って4か月。。
そうなんです、まだ4か月しか経ってない!!
この4か月の間に人生大きく変わりましたね…私も彼も。。
蓮くんは私と出逢ったことを「運命だ」と当初から言っていましたが、私も最近そんな風に感じることがあります
あっ、カウンターで惚気かましちゃってすみません 笑

とにもかくにもそんな感じで妊娠7週目、スタートです!!

Saturday, March 2, 2013

妊娠6週目に入りました

6週目…特に何も変わりないはず、と思っていたけどつわりの症状が少し目立ってきました

一番ひどいのは眠気かな
ついで疲労、のどの渇き、悪寒、吐き気、ムカムカ、お腹の張り、胸の張り…といった感じでしょうか。。
匂いにも敏感になってきています
だいぶ妊婦っぽい。。

本当は金曜日の出勤前にブログを更新しようと思っていたのですが、眠くて眠くてとにかくギリギリまで眠ってしまい、、
最近ご飯食べてる最中にも眠くなります 笑
だけど夜、のどの渇きで目が覚めたり、尿意を感じて目が覚めることが多々あります(これがマジしんどい…)
おしっこは本当に近くなりましたね、、
意識して毎日水分を多くとっているのもあるんでしょうけど。。
そのせいか便秘は解消されてます

日本だと超音波検査で胎芽や心拍の確認とかできる頃なんでしょうけど、こっちでは10週目で血液検査、超音波は12週目くらいで予定を出されました
こっちでは杜撰…ってわけではないんでしょうけど、日本ならダメって言われそうなことでも「大丈夫大丈夫」みたいな感じで許されてます
こっちが適当すぎるのか日本が神経質すぎるのか…わかりませんけど 苦笑

私としてはやっぱり早く超音波で赤ちゃん見たいなあって気持ちもありますが。。
だけど私の保険が妊娠や出産に関することを一切カバーしてくれないのでぐっと我慢しています
アメリカのPlanned Parenthoodみたいなのがこっちにもあればいいんですけど。。

つわりに加えて相変わらずの情緒不安定で、突然泣き出したり不機嫌になって当り散らしたりで蓮くんには迷惑かけっぱなしですが、それでも愛してるよって大事にしてもらって感謝しています。
おじいちゃんの再手術も無事に終わって経過も良好の様子。。
来週からは学校の方もいよいよ現場研修が始まり、ブレイク前のassignmentもてんこ盛りみたいなので、私もできることはなるべく手伝えるように頑張りたいと思います

こうして妊娠してみてわかったことなのですが、「家族をつくる」と一言で言ってもその中にも一つ一つ小さな夢や目標があるものなんですね
これから別々の国で離れ離れに暮らさなきゃいけないし、同じ国にいても一緒に暮らせる自分たちの家がないし。。 もちろん私のビザのことや赤ちゃんの市民権の問題もあるし。。双方家族の兼ね合いのこともあるし。。
経済的・社会的不安一切なしに、落ち着いて暮らせる自分たちだけの明るい家で、蓮と赤ちゃんと猫ちゃんと一緒に生活がしたい
今はそれだけが私の切なる夢です