Sunday, July 29, 2012

オーバーワークな夏

実は気がついたら一週間お休みがなかったんです。。
もう、とにかくギチギチスケジュールな今日この頃!

今月頭はそれまでできなかったことをやりたい放題でかなりのんびりしたので、来月いっぱいまではオーバーワークぎみに働くぞって決めてたんだけど

さすがにちょっと疲れるかもよー 笑

まあ、仕方ないです
何せ私の大嫌いな日本の夏
しかも地球温暖化中の夏

毎朝起きた時点で汗だく
出勤準備して汗だく
出勤中に汗だく

そりゃ嫌だなって思うけど、最近は「汗かいてる自分セクシー」って無理矢理思うことにして乗りきってます(なんじゃそりゃ)

それにしても毎日これだけ長い時間子供たちと接していると自分も心なしか幼くなった気が、、
そんなはずないのだけれど


この夏は実に幅広く、7歳小2~18歳高3まで担当しとります
あ、職場変わったんですけどね。。
短期でもいいってラブコールもらったんで。。

それにしたって、18歳って、干物さん大丈夫か?無意識に鷹のような眼差しで狩ろうとしてないかい?!
…いやいや、してませんって
「おいしそ☆」
とはたまに思ったり、、し、してないんだからっっ

思えばきゃつら、つい昨日競泳400mメドレーで銅メダルに輝いた萩野くんと同い年なんですよね…

そう、巷ではオリンピック開幕ですよー
仕事ばっかであんまり観られてないけど。。
できる限りは網羅しますよ
留学中に北京とバンクーバー逃してるから、今年こそ楽しみたい。。
日本選手皆さん頑張ってるし、私もがっつり稼ぐぞー!!

Sunday, July 22, 2012

また恋をするならば。。

一年前の今頃はこんな気持ちになるとは想像もつかなかったのだけれども。。

一言で言えば、もんのすごい冷めた

アメリカで暮らした3年間、彼の事をずっと好きって思っていた
大切に想っていたし、どうしてずっと一緒にいられないんだろうってたくさん泣いたんだけど。。
本気で、そこに愛があると思っていたんだけども。。

卒業して、帰国して数ヶ月後には彼の事を考える時間なんてもうほとんどなくなって、ほぼ一年経つ今では、「どうしてあの人と一緒にいたんだろう」だなんて、少し後悔にも似た気持ちすら抱いている。。

それで、今思うこと。。

どんなに、「この人の事が本当に好き。この気持ちは本物、、一生離れたくない」なんて思っても、物理的な距離ができて、時間が経てば、それをウソに変えられてしまうのが自分
本当に、まるで魔法か呪いが解けたかのように、「素」の自分になってしまうから怖い。
いろんな占いの結果に必ず出る「冷静と情熱が何の矛盾もなく内に存在している人」って結構当たってると思う。。

それがわかってからというもの、真剣な付き合い、みたいなものが自分には不要に思えて仕方ない
異性に甘えたり、時にはちょっと色っぽいことがあってもいいとは思うけど、恋人なんていらない
結婚なんてとんでもない
だってどんなにメロメロになったって、結局いつかその魔法が解けて、「ああ、気がつけて良かったー…やっぱり自分のやりたいことが何より大事!自分の自由が最優先!」って、我に帰るんだもん

恋人より夢が大事、と20代前半に気がついて、その時はそれでも、いつかはそんな自分の考えをあっさり覆してくれるような人と出逢える日がくるだろう、と思ってた
だけど、たぶんこの先もそんなことはないと思う
私は男のために自分の夢とかやりたいことを諦められる女じゃないんだ
それを、もういい加減認めよう

だから次に恋をするならば、誰かにときめいたりするならば、
心から信頼できる人がいいと思う
ただ、それだけでいい


********************************************************************
因みに、話は全く変わりますが、母校の稲毛高等学校野球部はベスト16で敗退しました。
本当に毎試合良く頑張ってくれました!
自慢の後輩たちです!お疲れ様☆本当に有難う。。

Monday, July 16, 2012

全国高校野球選手権千葉大会

私は千葉市立稲毛高等学校国際教養科の卒業生です。。

在学中はこれと言って愛校心などありませんでしたが、(むしろ毎日うざいと思っていた)この歳になって後輩たちの頑張る姿に涙が出そうになります

夏の甲子園を目指す我が母校

先日の拓大紅陵戦は、文化祭(飛翔祭)とかぶってしまい、ただでさえAシード強豪校との大一番なのに、吹奏楽や応援団なし、という事態に。。
そこで一肌脱いだのが、同じく卒業生の小島よしおさん
私とはちょうど入れ替わりの代で、残念ながら同窓生にはなれなかったのですが、まばらな応援席で、海パン一丁、体をはった後輩たちへのエールにはさすが!
その後注意をされたそうですが 笑

そのかいあって?エース松尾くんの活躍が光り、強豪撃破!
大金星☆


そして昨日は千葉商業大学付属高校との一戦でした
夏い中でしたが、私も参戦!
試合はもつれにもつれ、延長14回裏、稲毛の攻撃
何度もチャンスを作りながらも手にできない、、ここでサヨナラを決めたい!
一死三塁、ランナーは私にとっては後輩にあたる古川くん

全員後輩ではありますが、この古川くんは出身中学も同じ、つまり中高の後輩。。
バッター川越くんのバントがゴロ、飛び出した古川くんは挟まれてしまいました!
何度も三塁、本塁間で行ったりきたり、逃げる古川くんは諦めません
その時本塁への送球がそれ、古川くんが駆け抜け見事に本塁へタッチ!!
あの瞬間は稲高応援席ほぼ総立ちでした~

ヒットで出塁し、その上ラストにあんな素晴らしい舞台が用意されていたなんて!
それが、後輩中の後輩の活躍だったので、私の喜びもひとしお☆
選手全員の弾けた笑顔も胸に染みました

そして、青空の下で歌った校歌

あんな気持ちで校歌を歌ったのは初めてです。幸せかみしめちゃいました。。
今秋渡豪予定の私にとっては最高の思い出になりそうです。
まだまだこの快進撃を観ていたい
明日は学館船橋戦

頑張れ、後輩諸君!!
     

Saturday, July 14, 2012

私、意外と声フェチだったりするかも。。


平田広明さんが好き♡(HP
今の大人気アニメ、ワンピース、宇宙兄弟、そしてタイガー&バニー(←これだけまったく知らないのだけれど。。汗)の声優さん。。
そして、ノア・ワイリーとあのジョニデの吹き替えもやっておられる方☆

一番最初に平田さんを「認識」したのが実はERだったりする・・・
うちの母親、昔から海外ドラマ好きで、初代ERが私が中学生のときやってたんだけど、
頼りないもやしっ子研修医のカーターが、ノア・ワイリー。。
で、その時から平田さんが吹き替えを担当してたんだよね

今では副音声(吹き替えなし)で十分海外ドラマも観られるようになってしまって、CSIとかも全部英語のまま観てるけど、たまにネットでワンピースとか観るときは、もうサンジくんの素敵ボイスにメロリン♡なわけで。。

すんごくすんごーーーーーーーく好きな声♡♡
もうこれ以上ない理想の声が平田さんなのさ。。


思えば私って結構声フェチかも。。
恋人はもちろん、よく遊ぶ中のいい男友達も皆ちょい高めマイルドボイスばっかり。。
ずしーんと響くような野太い低音ボイスは逆にちょいと苦手かもよ~、、なんてちょっと思ってみる。。
考えてみたら好きな男性アーティストも・・・Michael Jackson、Bruno Mars、Jamiroquai、Sam Tsuiあたり皆高音だ!!
わっかりやすっっ!!

平田さんの舞台とか観たいなあ
生であの声を拝聴できたら・・・ああ、そしたらもう昇天しちゃうかも☆

うん、声って大事だと思うの。。
たぶん自分が美声だったら全然求めなかったと思うけど・・・そう、自分の声がこんなんだから、相手に素敵ボイスを求めるのさ

うん、これ以上ないくらいの自然の摂理ね 笑


Sunday, July 8, 2012

セクシーなお話。。






ニコールが好き♡♡これはもう何年も前からずっと。。
彼女がPCDのリードガールとして現れたとき、何てキレイな人なんだろうって衝撃を受けたのを今でもはっきり覚えてる。。

PCDが解散(というか、全メンバーが入れ替わって)から、何か以前にも増して「美しさ」が全面に押し出されるようになった気がする
去年のXFactorに登場したときもドキっとした
PCDのときは何て言うか、もっと遮二無二色気を押していて、もっと彩色的・・・だったというか。。
それに比べると今の彼女は孤高の美女って感じ。。

齢を経てどんどん美しくなっていくニコールは本当に憧れ☆
彼女が最初のソロ作品としてWhatever U like とBaby Loveを出したとき、渋谷でお忍びの来日ライブがあって。。
実はたまたまその招待券をゲットした友人が誘ってくれて、生で彼女のパフォーマンスを観られたことがあるんだけど。。
もちろんその時も本当に美しくて女神かと思うほどだったけど、あのときにはない美しさが今の彼女には加わっていると思う


実はここのところ、ちょっと洋服の趣向変えて、ガッツリ民族系みたいのも楽だし、いいかなって思ったりしてたんだけど、やっぱやーめた
何かニコールに鼓舞された感じ。。
私からエロをとったらダメでしょう、やっぱり。。頑張らなきゃ。。笑
日本にいるとどうしても、良くも悪くも保守的になっていく気がする・・・

一年前の夏アメリカから帰国したとき、自分の露出がすぎることにしばらく気がつかなかったのね
アメリカで生活している分には「これくらいフツー」な露出。。「それカワイイね」って言ってもらえるような肌の露出だったんだけど、、
日本でそれを着ると「うわ、すごいね、ソレ」とか「ちょっと出しすぎじゃない?」って言われる 苦笑
そこで初めて自分の感覚が思っていたよりずっとアメリカ寄りになっていたことに気がついた。。
女の子のファッション一つとってもやっぱり文化の違いって大きい
そんな当たり前のことを身をもって実感した

私は肌の露出が下品だともいやらしいとも思わないし、女性がセクシーであるということは、魅力的である、ということだと思う。。
アジアではどちらかというと女性はつつましくあるべき、的な考えが根付いている傾向があるかな
イスラム教圏では女性の肌の露出は厳禁だしね

進化の過程で人間の肌からは毛が消えたのさ
それはやっぱりその方が色っぽいからじゃないのかね
諸説あるけど、私は個人的にsexual selectionの結果だと思ってる

日本人は確かに着込む着物文化を育んだけど、結局男性の目を惹きつけたのは程よく抜かれた襟とそこから覗く白いうなじだったんじゃあないのかね??
日本って何かむっつりスケベ??
セクシーなことって別に汚らわしいことじゃない
性に対して否定的だったり保守的だったりする国もあって良い。それ自体は全然構わない。。ただ、私にとっては生きづらい・・・ニューヨークに住んでみてそれがわかった気がする。。


だからね、決めた
日本人として「適度」な露出をするんだ、私は。。
自分が一番美しく見える「セクシー」を目指すんだってね
まだまだ魅せるよ、私は!!

Wednesday, July 4, 2012

アメイジングすぎるプリンス・スパイダー

The Amazing Spidermanを観てきました!!

実はずっと前から楽しみにしていたこの作品・・・といっても前作とかちゃんと観たことないんですけど 苦笑
別にスパイダーマンのファンってわけじゃない。。楽しみの理由はこの人!!



そうです!!Andrew Garfield(アンドリュー・ガーフィールド)!!
御存じの方も多いとは思いますが、今年のTONY賞にもDeath of a Salesmanの助演男優賞でノミネートされていました!!惜しくも賞は逃してしまいましたが・・・
ストレートプレイなので、私の専門外ではありますが(自称ミュージカル専門)、彼の生芝居が観られるならブロードウェイに飛んで帰りたいと切に願うヒモノさんなのです 笑


しかし・・・ご覧ください♡・・・真のハンサムは坊主にしても美しい♡♡


もう映画の間中ずっと萌えていました。。し、しやわせすぎる・・・
私の好きな人って本当に偏ってて、こういう細マッチョ??(どちらかというと線の細い)な王子様タイプばかりにいつもメロリンしてしまうんだけど、
いやあ、、ここまでハマるのは久しぶりかも♡♡
この映画のヒロインで相手役のエマ・ストーンと実際にお付き合いしているとか。。う、うらやましい。。毎日こんな美しい顔が拝めたらどんなに幸せか・・・


あ、もちろん終始メロリンして終わったわけではありません。映画の内容も面白かった!!ストーリーもヒーローものらしくシンプルで楽しめました!!
何と言っても映像がリアルだし、すごい迫力!!あんな風に縦横無尽に摩天楼を駆け巡りたい、っていう思いがちょいちょい挟んでくるPOVのおかげでちょっと体験できた気分。。

・・・敢えてconsとしてあげるなら、アメリカの映画に出てくる「化け物」って常にワンパターンだよねえ・・・ってくらいで。。
日本人の想像力がいかに富んでいるかってね。。
ま、妖怪文化もあるしね。。
あと、あれだね、NYCは何回破壊されればすむんだろうね 笑 これは今に始まったことじゃないけどもさ。。


ともあれ!!続編もやるみたいだし、楽しみですね。。
今後もAndrew様から目が離せません♡♡

Monday, July 2, 2012

ワーホリビザ申請。。異文化を知るということ。。


周りの皆(家族を含めて)から「のんびりしてるねー」と言われ続けていましたが、苦笑
本日ようやくオーストラリアのワーキングホリデービザを申請しました。

別にのんびりしていたつもりはないんですが、ワーホリのビザって7月始めの翌年6月締めって聞いてたから、7月になったら申請しようと思っていたんですよね
っていうのもオーストラリアは昔から人気で、ワーホリビザも決まった数しか発給されないから・・・
なんだけど!!実は近年では大体どこの国のワーホリビザも定数割れして年度が終わるらしく、、日本人がいかに海外に行かなくなったかですよね。。

しかし、ビザ申請、めっちゃ早くて楽でした。
↑↑のオーストラリア移民局のホームページにアクセスして、ちゃちゃっと質問に答えて、カードでお金($280だったかな?)払って終了。。
あとは移民局からのメールを待つだけです

インドの観光ビザをニューヨークでとったときは、色々と日本から書類を揃えてシティの領事館行って、そこで英文のものを発行してもらってそれからインド大使館に申請しなきゃいけなかったし、アメリカの学生ビザも何だかんだ書類が入り用で(銀行残高証明書・英語バージョンとかさ)「面倒くさー」と思ってたけど。。
今回は逆にこんなんでいいのかな、って不安になるくらいあっさり 笑
まあ、双方の国に信用関係があるから、ワーホリの協定とか結べるんだと思うけど、それにしたってあまりに簡単で拍子抜けでした。


あとは・・・向こうでの生活プランを考えなきゃ航空券もとれん 笑
予定では季節労働3か月して、セカンドワーホリビザを申請できるようにしてから、定住するとこ探そうと思ってるんですが・・・
行って実際に観ないで決めるのもなあ~、、なんてグズグズしてます 苦笑

アメリカ留学前なんか、何カ月も前からいろいろ考えたりしていちいちきっちり準備してたけど、一度そういう大きな経験を乗り越えてしまうと、「ま、いっか」で全てが済んでしまうというか・・・
まあ、言葉に関して問題がない、というのは大きいかもしれません

でも改めて考えてみると、アメリカ生活で得たものは言語と学位だけじゃなかったなあと思います。
人とのコミュニケーションの取り方であったり、度胸であったり、情報の集め方であったり・・・引っ越しも何度もしたし、病院にかかったこともあったし、転入学もしたし、いろんなもの食べたし飲んだし・・・etcetc


なるほど他の文化で暮らすということは、一人の人間としての「許容範囲」が莫大に広がることだなあ、と思うわけです。


そりゃ今は、今回のビザ申請の用にネットで全てが事足りる時代かもしれませんが、
所詮は全て他人事であり、客観性と空想の世界。。

実際に人生経験が豊かな人間というのは、他人を惹きつける魅力が桁違い。。話していてなんだかある種の包容力を感じるんですよね。。
私は幸運なことにそんな人たちと逢う機会に恵まれていると思います
だからこそ私自身もこうして「もっと色々なところへ行きたい、たくさんの人と出会いたい、経験をしたい」という欲求が尽きることがないのだと思います。
オーストラリア生活も本当に楽しみ☆


さてさて、では少し向こうのことをリサーチしてみようと思います。
どこでどんな風に暮らそうかなあ

思考は常に柔軟でいたいものです。