Friday, April 29, 2011

あげぽよー

という最新??の日本語を昨日友達に習いました
今日も一段と干物です。。

ここのところすっかり更新が滞ってしまいまして。。
もちろんいよいよ期末、大詰め、ということで忙しいのもあるんですが体調もあまり優れず、気持ちも何かと鬱々としてどうも書く気があまりしませんでした
加えてお天気も荒れ狂う日々で尚更。。
「あげぽよー」とは程遠い感じですな

気持ちが鬱々としているのは卒業が近くなってきたから、というのははっきりしてます
今学期の頭は「やっと卒業」って嬉しかったのに、、いざ現実味を帯びてくるともう本当に嫌で。。

日本は大好きだけど、帰国したくない
もっと皆と一緒にいたい

この3年ほどここアメリカ合衆国、ニューヨーク州に住んで、人類学を学んできた中ではっきり一つ言えることは、自分はやっぱりこっち向きの人間だっていうことです
日本のいいところはたくさん知っています
数えたらきりのないくらい。。本当に愛して止まない母国です
でもそれと自分に合っているか、住みやすいかは別です
"flexible"
これが全てのポイントかな。。
例えば日本人からしたら「えー??マジで??」「ありえなーい」っていう仰天な生き方をしている人がたくさんこの国にはいるのですよ
たぶん日本人的発想ではそんな生き方があるなんて思いもつかないような道です。。

だけどそれを可能にしているのはこの国の社会、ひいてはそれを担う個人個人があってこそなんです

コアな読者の皆様はご存知の通り、あたしは自分の生き方にとても拘りを持っている人間です

留学する前はアメリカ人といえば「オープン」「フレンドリー」「ポジティブ」なんていうイメージしかありませんでしたが、今は何より彼らのことを"flexible"だと思っています
そうだよね、そういう生き方だってあるよね、と何度思い知ったことか。。
そんな風に思わせてくれる人と出逢える機会は日本社会では圧倒的に少ないです
特に、加齢とともにその確立は反比例します
あたしは、そういう社会に埋もれたくないし、そういう社会の一部だとみなされたくもない
自分が心地良いと思うのは、圧倒的なまでにflexibleな発想をできる人間の集合体の中で自分の居場所を作ることなんです

そんな偉そうなこと言ったって、長い目(人類進化規模)で見たら人間が生きる理由なんて子孫を残すことだけなんだからー(bioanthro的見解)
確かにそうなんですが、それならば思いっきり自分のやりたいことをやりたいじゃないですか
スタートからゴールまで他人と同じ道を同じペースで歩く必要なんてないじゃないですか

そんなことを考えているとここんとこ眠れないんですよねー 苦笑
特に最近著しくindividualityを尊重されないことを嫌うようになってきてしまったので、こりゃ日本に帰国したらしばらくは大変だなって覚悟です
あーあ。。

Anthroメジャーの皆と、UCCC、NP両方でできたお友達とのお別れも辛いです
本当に皆が大好きでここまでやってこられたのも彼らのおかげでもあるから


皆と共有できる残り少ない時間を大切にすることを見失わないようにしたいと思います

Friday, April 22, 2011

ゴジラVSモスラばりの歴史的一戦

こんばんは!!
サマータイムに戻ってからというのもあるけど、このところ確実に日がのびてきて、まだ明るいのにこんばんはってのもおかしな気がしますが。。

さて、今日はとても愉快な日でした

連休明けの一日目。。
昨晩ずっと考え事をしていたら寝付けなくて、眠い目をこすりこすりの8時登校。。
クラスルームに、おやおや、Demunckがいる?!
あら??クラス間違った??と焦ったらちゃんとJunge先生もいる。。
シラバスを確認しなかったのですが、今日はcognitive anthroの範囲をカバーする日で、スペシャリストとしてDemunckがゲストスピーカーで来ていたのです
昨日読んだClaudia Straussのcognitive anthroの論文はあんまり好きじゃなかったから、大丈夫かなーって不安だったんだけど、Demunckの一言目が

「僕的にこのCSの論文はcognitive anthroの例としては全然良くないと思う。。むしろ悪い例だ」

だったので、、「おお」と思ったらJunge先生はその論文が好きだと言う・・・

うん

やっぱりあたしはDemunck寄りなんだよね 笑

DemunckもJunge先生も同じcultural anthropologistだけど、専門も地域も全く異なるわけで。。
今学期に入ってからずっと友だちには言ってたんだけど、あたしはanthropologistとしてJunge先生とは考えが合わないんです
今セメに入ってからそれをことごとく色んな場面で感じるようになって。。
元々あたしもたぶんDemunckと同じでcognitive anthroの人間なんだと思う
考え方とか面白いと思うし、しっくりくるし、もっと知りたいと思うし。。
何よりすぐ人の頭の中覗こうとするからね 笑

元々そのCSの論文のプレゼンターはあたしとじゅんこさんが苦手とするトニー、笑、だったんだけど、このトニーがまたかなりの曲者で。。
彼はかなりの年上なんだけど、普段おとなしいくせに何か自分がひっかかることがあると??まるでスイッチを入れられたロボットみたいに関をきった様に喋り出すんです、、しかもとまらない、、しかも長い、、爆
で、しゃべりだすとすぐ興奮して白熱しちゃう
本日何と彼、その勢いであのJunge先生を差し止めるという偉業を成し遂げました!!
Junge先生とトニー、、2人とも同性愛者で超ド級のおしゃべりなのでその二人のやりとり見てるだけでも面白かったんだけど

でもやっぱりわあーおって思ったのはDemunck VS Jungeだったねー
Junge先生なんて、
I STRONGLY disagree with you
とか言っちゃって。。
思いっきりアメリカを感じましたねー

普段は別々にクラスとってるし、教授同士が顔を合わせるところを観ることも滅多にないので、あんな風に1クラスに2人教授がいるって本当に新鮮だし、さすがアメリカ人のプロのanthropologist同士だけあって議論慣れしてるというか、上手いというか・・・
日本人ってどうしても議論は避けがちだし、議論になっても何かただの口喧嘩みたいになっちゃうけど、DemunckとJunge先生のそれは本当に面白くて、まるで「お金払ってでも観たいショー」でした
特に今年の頭にセメスター始まってからずっといろんなtheoryやismを学んできたから、彼らの議論についていけるだけの知識もついているから尚更面白いんですよね
もートニーは黙ってて!!って感じでした 苦笑

クラスが終わってからDemunckに「CSの論文は悪い例だと言ってたけど、あなた自身が良いと思う例の論文を読んでみたいのでいくつかお薦めしてもらえませんか?」って訊いてみたら、すっごく喜んで目ぇキラッキラしてました 笑
とりあえず一冊本を薦めてもらったけど、「もっといろいろあるからメールするよ・・・ああそれから話すこともできるよ!!来週オフィスアワーにおいでよ」って(^^;)
cognitive anthroは現代のアメリカ人類学においてはかなりマイナーらしいので嬉しかったのかな??

実際今、grad school(大学院)でもcognitiveをやろうかなって思い始めてきてるんですよね
ちなみに金銭的な面とか実際問題も考慮した上で今のとこSUNY Stony Brookのgrad schoolが有力・・・かな??
じゅんこさんにも相談したけど、やっぱり1000万くらいは貯めなきゃなので道のりは長いけど、、
それでもSBは安い方なんですよね
・・・もちろんDemunckにも相談してみようと思いますが。。

親のお金で留学させてもらえる子はいいよねってついつい卑屈になってしまう時もあるけど、
インドの子供たちのことを思えばまず、留学できるなんて超ラッキーだし、学校に行けるだけで幸せだし、人生に選択権があるだけで有難いことだから、地道に努力しようと思います!!
辛いこともたくさんあるけど、でももっともっと勉強したい!!

そんなわけで歴史的一戦を見届けたあと、お腹が空きすぎたのでライブラリーの中のJazzman'sへ行くとコミュニケーションメジャーでResearch Methodsのクラスとってる子にsurveyを頼まれました。。
自分も先セメDemunckのResearch Methodsとって大変だったから、結構質問数多かったけど協力することに。。
は、いいんだけど、何??このdisorganizedでsystematicさの欠片もない素人じみたquestionnaireは??
ゴジラVSモスラの戦闘後で気が高ぶっていたのもあって、姉さん思わず終わった後にダメ出ししちゃいましたよ。。
Demunckにみっちり仕込まれたResearch methods。。それを思い出しながらその男の子に説明してあげると「うわーなるほどねー。。君すごいなあ」って素直に感心してくれて、「どうもありがとう、参考になったよー」って女の子もびっくりなカワイさで笑ってくれて(たぶん、ってか間違いなく彼はゲイ)。。
この瞬間やっぱり自分はDemunckistだと実感。。爆

で、ライブラリーへ入るとブッダに久しぶりに遭遇(>_<)!!
もーめっちゃ嬉しくてついつい長々と色々語ってしまいました~
アジア人ならではの見解から、東洋と西洋の違い、日本の文化、日本人の気質、アート、それにアメリカのヒップホップカルチャー、ダンスのこと、はたまた世界の宗教、政治、経済のこと、あたしの中米留学計画、ブッダの家族や友達のことなどなどなど。。
彼は本当に穏やかで、人間が大きくて寛容な人なので一緒にいるだけで多くのことを学べるし、刺激されます
それにとおーーーーーーっても話しやすい!!
「このクレイジーな学期にケリつけたら、ハングアウトだね!!」って約束したのでますます夏が楽しみです☆
本当に、自分、いい友達に恵まれてます (T_T)感
幸せだあ~

明日は金曜!!
本格的に期末に向けて忙しくなってきたけど、上手く息抜きしながら乗り切るー!!
(ちなみに最近の息抜きはMTVです☆MTVをこよなく愛する干物です♡♡)

Wednesday, April 20, 2011

期末へ。。

とうとう、このイースターブレイクも明日で終わりです
今週はずっとお天気悪いみたい
昨日BBQ行けて本当に良かった!!
めえっちゃくちゃ楽しい時間を過ごせましたよ☆
いっぱい食べていっぱいしゃべっていっぱい笑いました!!カメラ持ってくの忘れちゃったのが本当に残念ですが、、ダックに餌あげたり、足漕ぎボートに皆で乗ったり、ブラッキーが池に落ちたり・・・あんなに楽しいって感じていっぱい笑ったのって久しぶりだったかも。。
おかげさまで身体の火照りを感じるのもいつもより全然少なかった!!
この調子でちょっとずつ回復していくといいんだけど。。

今日も嬉しいことがありました

先日熱が出てひーひーしてた時にJunge先生のペーパー(日曜dueで散々文句言ってたヤツ)なんですが、実はそれをコメント係(パートナー)のクラスメートに送って読んでもらわなきゃいけなくて。。
で、あたしのパートナーはキャスリーンって子で、でもどの子なのか知らなかったんです

そしたら今日ライブラリーで声かけてくれて。。
丁度これからあなたのペーパー読むのよって言ってて、しばらくしたらまたやってきて「めっちゃくちゃいいよ、これ!!」ってすごく気に入ってくれたんです

今回、あたしはLevi-Straussという人類学者のStructuralismという考えを応用して"self"と"others"のbinary distinctionが日本語に見られるか分析し、それがどう日本文化にリフレクトされているかをemic approachを使って書いてみたんですが、人の考え方を応用してペーパーを書くなんてしたことなかったし、熱で頭は朦朧としてる中書いたから全く自信なかったんです
(しかも後でよくよく考えたらStraussはetic approach使ってたし。。やっちまったなー、、と)

フィリピンとホワイトアメリカンのハーフだけど、アメリカを出たことは一度もないというキャスリーンにとっては日本人のあたしの視点はとても斬新で、
「この例の使い方とかホント、参考になった~。。今後ペーパーを書くときはこんな例をあたしも使いたい!」
って言ってくれたりもして(>_<)

ペーパーってあたしにとってはどれも自分の「作品」だから、自分も納得いくものを書きたいし、読み手(たいていは教授のみ)にも楽しんでもらいたいって思って書いてるから、あんな風に
"I do love this!!"
って言ってもらえると本当に嬉しいんです(T_T)

それに引き換え、セミナーのペーパーは本当に問題。。
自分で書いてても読んでても「人間味のない面白くないペーパーだなあ」って思うんです
でもそれがあたしの担当教授の望んでるものなんですよね
思えばNPに来てからずっと自分のメジャー(anthro)の教授にしかペーパーを出してなくて。。
特にDemunckやJunge先生、、Cultural Anthropologistはどうしてそう思ったのかとかこういう理由でこれを調べようと思ったとか、詳細とか流れとか色んな角度からの分析とかその展開とか、事細かに書くことが大事だから、ずっとそうやってきた
でもevo, psychologyのセミナーの担当教授アリスはそれがどうやら嫌いらしくて、この前ドラフト出したらそういう部分全部いらないってダメ出しされたんですよね

もちろんセミナーのグレードをつけるのは彼女だから、彼女の好みに合わせて書かなきゃいけないんだけど、とにもかくにも自分が納得してないものを作品として出さなきゃいけないことに苛立ってしまいます

こんなのペーパーじゃない
ちっとも楽しくない

あーあー
最後のペーパーだから思いっきり傑作書こうと思ってたのに。。やっぱりあたしは基本的に心理学者とは合わないみたいです
でもこれもグレードのため。。



気分を変えて、こちら先日も紹介しました新作のWonderlandのyoutubeチャンネルより新しいクリップです!!スニークピーク版よりも音も映像をキレイ♡♡
今セメ終わったらまた絶対観にいきまーす!!Janet.Dの声、マジやば(>_<)☆

Monday, April 18, 2011

新しいアイディア(卒業後)

こんにちは

ようやく「良くなってきた」といえるくらいまで体調回復してきました!!
昨日からイースターの連休に入りましたが、全くもって休んでいる気になれないってゆー 苦笑
でも明日は友達の家にお呼ばれしてるので(しかもBBQ!!)張り切ってお邪魔してこようと思っています(^_^)

身体の方は相変わらず体温は高めだし、時々火照りも出るのでやっぱり自律神経かなーと思います
肺炎だとかの病気の可能性は低いと思うので良いのですが、自律神経なんてどうやって回復させればいいものかと途方に暮れています
たぶん今セメが終わったら嘘のようにケロっと治ることは予想できますが、はたしてそれまで持ってくれるのか・・・
ちょっと心配だけど、なるべく精神的にストレスをかけないことが大事なので干物タイムを今まで以上に大切にしていこうかと。。←え。。


で、ですね、一昨日の晩くらいに新たなアイディアがまた突然降ってきたのですよ
元々卒業したら日本へ帰国してお金作ってベトナム、カンボジア、タイをボランティアしながら回ってみようと思っていたのですが、ここ最近少しの間ダンサーにも戻りたいなって思うようになってきて。。
だけど、東京というか日本のダンスシーンにはもう戻りたくないし、
かといってこのままNYに戻ってBDCとかで・・・っていうほどストリクトなのはイヤだし、この後に及んでいわゆるそんな「ダンス留学」するような経済的余裕もなし。。
で、MTVのABDCを何となく観ていてひらめいた


そうだ、中米に留学しよう


プエルトリコ出身のチームを観てたら急に中米への興味がわいてきて。。
そういえばプエルトリコってアメリカ領??のはずだよね・・・
で、色々と中米の国を調べ始めたら、やっぱりキューバもいいし、先日紹介したケリー&ネリーのGONEの撮影が行われたメキシコのカンクンもキレイ!!あと、グアテマラに留学していたという日本人女性の体験記とか読んで、うわーいいなあ、、ラテンダンス留学いいじゃん!!ってなったわけです 笑
キューバは残念ながら政治的背景もあってちょっと断念かなって思うけど、プエルトリコとかコスタリカ、グアテマラ、いい!!
スペイン語+サルサ留学。。
スペインに留学するよりもはるかに安く収まるぜよ

それからもう一つ中米にしたい理由は、自分の性分。。
以前も書いたと思うけど、自分のカタさ、というか真面目すぎる部分をもう少しなんとかできないかと思って。。
もちろん真面目なことは悪いことじゃないけど、こっちの友達の軽やかさとか圧倒的なポジティブさとか、、
そういうのに憧れる気持ちが否めなくて
中米に住めばそれが変わるかと言われたらまあ確かにんなわけねーだろって部分もあるけど、苦笑、でも何となく自分の中でのんびりおっとりで「everything is gonna be alright!!」ってイメージがあって
思えば宮古島に住みこみで働きに行った時もちょっと似たような気持ちだったかもしれない
あの時は東京から逃げたくて、いっぱいいっぱいに追い詰められてて。。
青い海とゆったり流れる島時間にどれほど癒されたことか。。
あの経験があるから、またちょっと海のキレイな常夏の国でのんびり・・・っていう気持ちもあるのかもしれない

カリブの海でただひたすら音楽に身を委ねて暮らす。。

少しは心をもっと大きく持てるかなー、、なんて。。
これから人類学者を目指すにしても、もっと自分に余裕が欲しいんです
もっと大らかで何があっても「だいじょーぶだいじょーぶ」って笑い飛ばせるくらいになりたい
こんなおカタくて小心者の自分じゃなかなか活動範囲も本当の意味で広げられないと思うから。。

まあ、2007年に学生復帰、2008年に渡米してからずっと努力してきた自分へのご褒美も兼ねて・・・という部分はありますが。。
「一生に一度、死ぬ気で努力して何かを得ることが必要だと思う」
で、始めたあたしの人生の中でもかなりのチャレンジだったこのアメリカ留学。。
最低でも学士号とるまでは絶対諦めない!!と覚悟を決めて挑んできたわけですが、、その挑戦がもう終わりに近づいてきているわけで。。
約4年、かなりのハイペースで生きてきたからこの先4、5年はまたのんびりペースで生きようかなって。。
大学院戻ったらまた嵐のような生活になると思うんで。。笑

スペイン語にはさして興味はないけどこれもまた何かの縁でしょうね
あー楽しみ♡♡

大学院に戻るまでにもまたやりたいことがたくさんありすぎて困りますが、気ままにのんびり一つ一つこなしていこうと思います

でもその前にまずは・・・

ペーパーだっっっ(>_<)<(_ _)>

Friday, April 15, 2011

七転び転んだまま。。

こんにちはー

ポカポカ晴れたNP。。なのに外に行けないのでせめて空気を入れ替えようとお部屋の窓を開けてます

実は、火曜の夜クラス終わって帰宅してから猛烈な寒さに見舞われ、あ、ヤバと思った時にはもう起き上がれず寝込むしかありませんでした
ここ2週間くらい風邪がずっと治らずに身体もずっとダルくて。。

何よりおかしかったのが体温。。

何か急にどうした?!ってくらいカーっとアツくなって、でしばらくするとおさまったり、朝起きてうわーカラダ火照ってるなーって感じたり・・・基本的に体温高めな日々が続いてるのは高温期だから、と思ってたんだけど、それにしても高温期にしては高すぎるだろってゆーね(37℃前後)
あたしの平熱は結構低めで35℃半ばかそれよりちょい低いくらいだから、いつもより2℃体温が高いって結構なことで、
そのせいで、異常に勉強に対するモチベが低かったりしたのかなーって。。

一体いつからこの微熱が出ていたのかちょっとわからないけど、最低でも一週間は続いていたと思うのでよくそんな状態でフツーに暮らしてたねって自分の鈍感さに今度ばかりはもう呆れ~
普段の体温が低くて身体が急に火照るって自律神経に何か異常をきたしてるかもしれないし、
微熱が続くっていうのも何か病気の前兆かもしれないからきちんと検査した方がいいらしいので、今週末からのブレイク終わっても完治しなければガッコーのhealth centerに行って調べてもらおうと思います

とりあえず高熱は昨日にはひいて、まだ微熱も続いてるし喉も鼻もまだまだ完治には遠いけど、こうして起きてブログ書けるくらいにまで回復したし、食欲もあるので、ずっと騙しこんで押し込んできた風邪が一気に気温の変化と共に炸裂しただけかなって思ってます
最終学期のプレッシャーとストレスかなあ・・・自分ではそこまで溜めこんでるつもりなかったけど。。

こんな状態にも関わらずやらなきゃいけないことは山積みで、特に日曜がdueのJunge先生のペーパーがヤバい。。
ってか言わせてもらうけど、せっかくの連休中の日曜が締切ってどーゆーこと??
もう、ほんとオニ。。
しかも昨晩意識朦朧とするなか何か1つアイディアだけでも、、と思ってメールで送ったら10のダメ出し付きで返ってくるし、、
もう、ほんっとオニ。。
身体が弱ると精神が弱るのか、精神が弱ると身体も弱るのかどっちかわからないけど、もう立ち上がれる気がしません

あー、、せめてこの頭痛がなくなってくれればいいのになあ、、


何度失敗しても立ちあがって努力する・・・七転び八起き
たまには転んだままじゃダメなんですかねえ。。
たまには転んだままの姿勢からそのまま仰向けになって、空を眺めてぼーっとする、、なんてのもありなんじゃないですかねえ。。

Wednesday, April 13, 2011

干物、弱る。。

こんにちは

ライターのあたしがここんとこほぼブログ記事かけてないですね

気がついたらとんでもなくラミゼ状態(ラ・ミゼラブル)で、毎日「うーわ」「うーわー」時々「ひー」。。
やっぱり最後のセメスターはダテじゃない
順調に進んでいたかのように思えたペーパーも、セミナーのpsyの教授はanthro(しかもcultural)のディスクリプション風な書き方が好きではなく、 この前出したドラフト、これでもかってくらいダメ出しつきで返ってきました
DemunckやJunge先生に出すペーパーは、とにかくできる限りのdetailを盛り込まなきゃいけなくて、その書き方がしっかり身についてしまったので、何かあんな風にダメ出しされると「あたしはevolutionary psychologistじゃないし!!」って逆ギレしたくなるのが本音です 
なんて・・・教授によってペーパーの好みは全く違うのでそんなことは慣れっこのはずなのに。。
よっぽど追い詰められているせいか気が立ってるんでしょうね

はあ・・・

Demunckのオニの(愛の??)鞭も相変わらず続いてます。。
今日もザックと二人でもうお手上げ状態でした(T_T)
ひー。。
ただでさえ今日はNystrom先生の三回目のexamもあったのに・・・
もう脳が乾燥しきってますわ。。

それでなくとも相変わらず完治しない風邪にもいい加減嫌気さしてるし、体温おかしいし、お肌も荒れてるしでここんとこいいことないんです
こういう時期があるからこそいい時との区別がついて楽しいのが人生なんですが、ちょっとさすがの干物さんも「マイッタ」、、としか言えない今日この頃です
怒涛の期末。。
冷酷な期末。。

とりあえずお昼食べて、夕方あともう一クラス、頑張ります
また眠れない日がちょっと続きそうだけど、ほんとあとちょっとだからしっかりしなきゃね

Thursday, April 7, 2011

新・アーティストフレンドとベストフレンド♡

こんばんは

今日は授業なしの日ーってことで、何か起きたら天気予報はずれてキレイに晴れていたので、干物さん、大変珍しくランドリーに出かけました
シーツとかブランケットとかソファカバー(として使っているシーツ)とかガッツリ洗って、誰かさんの匂いを払拭してやろうと・・・苦笑
かなーりスッキリしました♡♡

そしてお昼すぎにライブラリーへ。。
ここでいつも使ってるPCエリアのブロックがいっぱいで、仕方なくあんま好きじゃないブロックにいったんです
で、ここで今ハマりにハマっているGoneをyoutubeで聴きながらassignmentをこなしていると、、
突然
隣の男の子に声かけられたんです
「ネリー好きなの??」
って。。
「ネリーってゆーかケリーの大ファンなんだよね」
って返すと、
「自分も実はヒップホップのグループで歌ってて、もし良かったら感想聞かせてくれない??youtubeにビデオアップしてるんだ」
ってことで、軽い気持ちでオッケーして観てみたら・・・

あれ??
あれあれ、、いいじゃん、なかなか。。

男の子四人組なんだけど、MVも凝ってるし、歌も悪くない
で、
「あたしは好きだなーカッコいいと思う!!元々あたしダンサーだったから、ヒップホップとかRBとか良く聞くんだけど、あなたたちのスタイルは結構好きだな」
って言ったら、
「え??ダンサー??どんな種類の??」
って訊かれて、基本何でも踊るけど・・・って大体の経歴を話したら、
「・・・実はね、近々新しいMVの撮影するんだけど、それに出演してもらえないかな??」
って!!(゜o゜)!!
彼はブッダという名前でネパール出身!!どおりでアジアの本場のお香のいい香りがすると思った(あたしアメリカで売ってるお香はキツくてあんま好きじゃないんです)
でも英語は超流暢で、家族は皆シティに住んでて自分だけこっちに来た、ということ。。
専攻はミュージックとあとコミュニケーションでフィルミングの勉強もしてるそう。。
でも更にびっくりしたのが
「きみ、名前は何てゆーの??」
「Asako」
「!!・・・・ニホンジンデスカ??」
って、、えーーーーーーーーーっっっ!!!!!!!日本語しゃべれるの??!!
ってびっくりして聴いたら「日本語のクラスとってるからー」ってニッコリして、
「ソウデスカ。。アサコサンデスカア~」
って 笑

彼のグループはネパール、ジャマイカ、アメリカ、あともう一人の子がどこ出身か忘れちゃったけど、(アフリカのどっかだったかな??)、多国籍でこれまた面白そう!!

ネパールはストリクトな仏教国のはずだから、その影響なのか育ちがいいのか、すごく温和で本当に「ブッダ」って名前がぴったりのカレ。。
すごく小さくてかわいらしい見た目とは裏腹に芯の強さを感じさせる創作活動への情熱も感じました
何かなー本当に、、類は友を呼ぶってあるよね
あたしには本当に素敵なアーティスト友だちが昔からたくさんいる
何かとそういう人たちと出逢うことが多い。。
彼らの情熱とその結晶である作品にどれほど刺激を受けてきたことか。。
きっとブッダとの出逢いも偶然ではないと思う
だってあたし、ここんとこずっとずっと踊りたい!!って思ってた。。Goneヘビロテしながら頭の中で振り付けしてたんだよね。。
きっとその想いがこの出逢いにつながったんだと思う

で、fbでつながって、撮影の日時はまた連絡するので都合ついたらぜひ参加してねって行ってくれました
場所はプーキプシーなんだけど、何か各種様々なダンサーを集めてるからきっと楽しいと思うよって言ってました
あーもうまた試験だとか何だとかあるけど、ぜひぜひ参加したいよーっっ(>_<)
ってもうワクワクしてます 笑

で、Junge先生のassignment終わってからふらっとカフェに休憩に向かうとはい、出た!!ケイ!!
捕獲されました。。 笑
そしたら、二三日中にインターナショナルビジネスのクラスのためのインタビューをさせてくれ、、と頼まれ・・・
何か今日だけで二件の依頼事が・・・重なるときは重なりますね
でも、ま、やっと「本当の意味で」持てた大事な男友達なので、もちろん!!とオッケー☆

で、カフェでしばしハングアウト。。
「元カレの件ではもうヘコんでない??」
「気になってる人には話しかけた??」
と、この前の続きから、更に深いアメリカ人の男女交際観なども話し合い・・・かなり濃い一時でした 笑
ケイも夏休みはNPに居残りでクラスとるので(2人とも夏終わりに卒業なんです)、皆いなくなっちゃうからつまんないし寂しいけど、うちらお互いいて良かったねーって。。
ほんと、ケイがいなかったらどんだけつまんなくなることか。。
ってくらい最近は仲良し度が増しました(^_^)
もう誰が何と言おうと彼はあたしのベストフレンドです

それにケイが夏休みいてくれればこっちに帰ってくる誰かさんのことでも心強い。。

できればブッダにあたしのダンスビデオの手伝いもしてもらいたいし、ってかクラスもとるし、夏はそれなりに充実しそうです☆
うん。。

本当に、もうすぐ卒業がどんどん惜しくなってきています<(_ _)>
勉強も人間関係も、これから!って時なのになあ・・・

残り少ない時間を大切に。。
いつも思うことだけど、どれだけ大切にしたつもりでも後で後悔することが必ずと言っていいほどあるので、日々自分の神経を研ぎ澄まして全力で生きたいなと思います
勉強も友達も恋愛も。。今しかない今の自分のために。。


 

Wednesday, April 6, 2011

春に降る雨

と聞けば何となく柔らかいイメージで響きはいいけど、寒いし、何か曇り方ヘビーだしで気分落ちます。。

晴れの日が恋しい・・・

さて、この頃のあたしのキャンパスライフは・・・
うーん、、どうなんだろ。。
まあ華やいではないけど、でもパステルカラーではありますね
色はレモン色って感じ??(どんなだ)

何かどのクラスも期末に向けてより一層レベルが上がった気がするんですよね
いや、間違いなくDemunckはレベル上げてます
カワイイ子には旅をさせよ、なのか自分がGrad school入ったとき、周りの院生が皆自分よりはるかに世界の民族やら文化やらに詳しくて大変な思いした、、とか何とかでビシバシきてます
assignmentだけで大変なのにそれを提出したあとにノートもテキストも何も見ないでその内容をもう一度書き出せって・・・しかも時間短すぎるし、ペアワークだし。。(゜o゜)。。

焦ったなー本当に

あたしのパートナーはザックで・・・実はNPに来て最初からずっと彼とはクラス一緒にとってるけどきちんと話したの今日が初めてでかなり最初はビクビクしちゃいました(だってこれまたあたしの苦手なムキムキ系男子だから・・・苦笑)
ジェレミーとザックって同じ水泳部でメジャーも一緒だし、二人とも上級生でクラスもほぼかぶってるから一緒によくいるの見るけど、明るくて陽気でフレンドリーな感じのジェレミーとは対照に、ザックはやや控えめで寡黙でどっしり構えてるタイプで、あたし的には正反対のイメージ持ってて。。
そんなわけでちょっと最初は怖かったけど、グレードかかってるし、内容思いださなきゃ、しゃべらなきゃで必死だったんで 笑
何も言わなくとも、自分から書き出し係やってくれたし(しかもハンドライティング上手い)、何回かにこーっと笑ってくれて何か、あ、話してみればフツーなんだなってほっとしました
何となく自分と似た部分も感じて、もしかしたらジェレミーよりもザックの方が仲良くなれるかもって思ったくらい

今学期入ってからザック、何となく元気ないなー、、前はもっと発言してたよなーって気になってたんで、話せてよかったです

そうして二人で何とかreconstructしたマトリックスを提出・・・したら今度は抜き打ち指名回答の連続・・・\(゜ロ\)(/ロ゜)/

いやーーーーーーーーーーっっっ(>_<)

あれ??でも・・・
Demunck、、じゅんこさんとあたしには当てない 苦笑
確かに即答できない問題は当てられても困るけど、でも別にそれで死ぬわけじゃないし、言葉のハンディを考慮してくれてるのは有難いけど、何かちょっと悔しかったなあ。。

そんなこんなで冷や汗もののクラスを終えてNystrom先生のオンラインクイズを受けて帰宅。。
今ご飯食べてあともう一つ16時半からクラス、、で、ジム行って・・・って感じですかねー
はあ・・・
いつもそうなんだけど、何で中間が終わるとモチベがワンランク下がっちゃうのかなー
あーreadingやらねば。。


何かこうもっと生活にピリっと効くスパイスが欲しいなあ



今日の一曲・・・知ってる人いるかなー??この曲、あたしが中学生の時に出されたもので、当時すっごいすっごい好きだった曲。。今でもやっぱりいい曲だなーって思います

Monday, April 4, 2011

こんな三十路にあたしもなりたい

こんばんは

風邪、なかなか良くなりません。。
咳のしすぎでまさかの腹筋肉痛に苦しむ干物です。。

土曜日はとても良いお天気に恵まれ、Anthroの皆とジヤンとシティに遊びに行くことができました!!
ジェイミー、ジェレミー、リンダ、パラディス、エイリーン、トニーとジャッキーとあと数名は知らない顔だったけど、 ジャッキーとエイリーンは彼氏連れてきてて(゜o゜)何かクラス外での皆の素の姿が見れて面白かったです
今日はお昼ジヤンとスーパーへ買い物に行ってから昨日できなかった分ライブラリー籠っておべんきょー。。
最近Junge先生のassignmentを少し効率良くこなせるようになって、2時間くらいで終わらせられるようになったので、あとペーパー書いて、残り3、4ページで終わるかなーってとこで帰ってきたんだけど
先週Demunckに出されたassignmentをすっかり忘れてて、明日に持ち越しになってしまったのが残念です(>_<)

さて、4月・・・ということでまた一つこの干物が歳食うまでカウントダウンに入ってるわけなんですが
最近こんな三十路になりたいなーっていう憧れというか具体的な女性像があるのでそちらを紹介しようかと思います。。ま、まだ猶予はあるけどね!!汗
 まあ、まずお約束なんですが、あたしの女神、安室奈美恵さん♡♡
このライブは2005年のだからまだ彼女は三十路じゃなかったけど、でも本当にすごいです
圧巻です・・・カッコいいっっ(>_<)


あとこちらはあのDilemmaのゴールデンペアNelly&Kellyの新曲Gone!!
これ今日ずーっとヘビロテしてました、、もうね、聴けば聴くほどハマっちゃう曲です。。
ってゆーか見てください、このKellyの美しさ!!デスチャでデビューした当初もベリーショートで、でもどっちかというとボーイッシュなイメージだったけど、今回のこのベリーショートの引き立てる彼女の艶っぽさといったら女のあたしでも欲情しちゃうくらいです 笑
歳を重ねるごとに美しく、そしてセクシーになっていくKelly、大好きです♡♡

そんなわけで??最近のあたしのテーマもセクシーです
一時はエロくなければあさこじゃないとまで言われていたあたしですが、どうも留学し始めてから急速にそんな自分から遠のき、今では立派な干物女。。
なのでここんとこはちょっと身体のライン出したり、ヒール履いたりして頑張ってみてますよ(゜_゜)
あたしも奈美恵ちゃんやKellyみたいに歳を重ねるごとに洗練されていけるように努力します!!


ではもうちょっと読まなきゃいけないものがあるんでまた~

Friday, April 1, 2011

ディシジョン

どうも。。
気温の変化についていけず&ストレスで風邪~??な干物です

明日から4月だというのにNPではスノーストームの予報・・・でも雪は今晩と明日で、まだ降ってはいません。。
土曜は皆でシティのメトロポリタンに遊びに行くので晴れてほしいっっ(>_<)!!


ミッドタームの結果が続々と返却~な今週、、今までの中でもびっくりするくらいの良いグレードもらえて、何か努力が報われ始めたかも!!といった感じです(T_T)
とくに鬼のJunge先生の試験でのA-は本っっ当~に嬉しかった!!先セメから頑張っても頑張っても報われなくて、壊滅的な結果じゃなければもういいよって投げやりだったから。。
それから、ANT304のエッセイExamで満点とれたのもモチベをかなりプッシュアップしてくれました!!
これは確実にUCCC時代に散々ヒストリーのクラスでエッセイExam受けさせられて鍛えられたおかげです(>_<)

さてさて、、春休みにガッツリヘコんだ件。。
あれは休みが明けてから冷静に考えて、更に数名のお友達にも話してかなり自分の中では大きな結論が出ました
のでそれを彼に伝えようと思います
皆があたしの背中をプッシュしてくれたから出せた結論。。本当に感謝しています

中でも大きかったのはジヤンとみえちゃんとあと今日1時間も話し込んだケイかなー
決めましたよ、今度こそ。。
出逢えたことも、そして自分のステップアップをはっきり感じさせてくれたことにも感謝してしてます
彼なしではあたしの留学生活はありえなかった
だけど、今は本当に無理です。。今は一緒にいるべきじゃない。。
はっきりと自分の中で線が引けました
何かめっちゃくちゃスッキリしてます

ケイには最後に「Get your boy!!」って言われました 笑
うん、話したんです。。実は今気になってる人がいてねー・・・って。。
「シニア(四年生)??」
「ううん、ジュニア(三年生)」
「ああ、でも充分落ち着いてる歳だな。。週にどのくらい会えるの??」
「ほぼ毎日♡♡」
「何だ、じゃあすぐに落とせるだろ」
「でも彼、あたしに興味ないみたいだから」
「ってか君はちゃんと彼に興味があるって示したの??」
「・・・ううん」

キミハチャントカレにキョウミアルッテシメシタノ??
ケイのこの一言がずしっときました
「アジア人の女の子は目が合ってもすぐ逸らすし、自分から声かけないと声もかけてくれないから大抵のアメリカ人の男は、ああオレに興味ないんだな、って思ってるヤツが多いわけ。。」・・・だそうです。。
まあ、確かに。。
確かに、あたしは何のアプローチもしてませんよ、、でももうあと半年もここにいられないし・・・
ああ、やっぱり干物化が進んでいた間のブランクがっっ 苦笑
何かウジウジしてしまう~

でもケイが正しいよね。。やっぱがんばろ。。

ケイとは本当に色んな話ができます
人間や思想や文化の違い、考え方の違い、世界情勢、自分がクラスで学んだことや友達から学んだことか。。でも今日は下ネタも満載でした 笑
そんな風にやっぱり色んな話を色んな角度から話せる、他の人の目線も考慮して話せる・・・今あたしの周りにいてくれる友達や教授たち、お世話になっている人は皆そういう素晴らしい人たちなんです
そんな人たちに囲まれて愛されて刺激されて、更に人間についての勉強を進めるうちにいつの間にかあんなに一緒にいた彼との間に大きなギャップができていた
その不快さに気づいたんです

変わったのは彼じゃない
あたしだった

皆のおかげで自分が今、高度成長期に突入していることを実感したんです
だけど、あたしもまだまだ成長しなくちゃいけない部分がある
だから、ケイも提案してくれたけど、数年後にまた会うのが一番いいかなって。。とにかくしばらくは会わない方がいいってゆーのは自分も感じています
でないと友達ですらいたくなくなってしまうかもしれないから
それはイヤだから。。

エニハウ、本当に今日ケイと話して元気もらえました!!
有難かったなー。。


さてさて、、週末シティに気がかりなく遊びにいくためにもreadingとペーパー粗方終わらせないと!!
あ、ちなみにart×miscブログにもアップしましたがこちら↓↓

NPの日本人生徒で売ってるリストバンドです!!色は家のミキティがつけてくれました 笑
バスケ部がドネーションマッチをやってくれたり、ミュージックメジャーがコンサート開いてくれたり、日本人生徒以外の生徒たちも募金活動してくれてて、学内掲示版でフライヤーを観るたびに感動して泣きそうになります

前を向いて歩こう。。